1月28日の練習会&新年会 〜3年半ぶりに実現しました!〜

  • 2023年1月29日
  • 2023年1月30日
  • 練習
  • 347view

1月28日。今年の冬は例年より寒いですね。石神井池の畔は一段と寒いなぁと思っていたら、案の定、池は結氷していました。

さて、今日の練習はいつもより短く、20時30分までには撤収の予定です。それというのも、コロナ禍で団の行事としては長い間封印してきた大宴会が予定されているからです。以前にも書きましたが、1年半に及ぶ休団期間などの影響もあり、ここ2シーズンで石オケはかなり団員の異動がありました。そのため、一緒に練習しているにもかかわらず、お互いの名前と顔が一致しないという状況が発生しており、団員たちの間からも前々から「もっとコミュニケーションがとれる場が必要だ!」との声が上がっていました。それを受けて、本日、「新年会」として、練習後に久しぶりの宴会を行うことになった訳です。

「新年会」を心待ちにしているのは団員だけではありません。団員以上に楽しみにしているのがマエストロと講師の先生方のようです。今日は、もちろん全員集合しています。マエストロによれば、伊東先生は

「今日は、楽器持っていかなくていいんだよね。」

と真顔で言ったとか、言わなかったとか…

いえいえ、楽器は持ってきてくださいね。ちゃんと練習してから繰り出すことになっていますよ。

と言いながら、今日の練習は何となく駆け足気味に進んでいます。今日の練習メニューは、『アメリカ』と『トリプティーク』でしたが、マエストロは、時計とにらめっこしながら、指導内容を考えている風情でした。『トリプティーク』第一楽章などは、ほとんどコメントなしで一度通しただけで終わりましたが、マエストロには、新たな啓示があったようで、前回にはなかったサムライポーズが出現していたのが印象的でした。

ささっ、今日は練習内容に触れるのはこれくらいにして、早く新年会場に行きましょう!石神井公園駅ほど近くの居酒屋では、土曜日のこんな遅い時間から繰り出してくる団体は他にないようで、3階の広いフロアを貸し切り状態で利用することができました。

マエストロが

『名前を覚えようの会』

と名付けた、今日の新年会。趣旨に沿って、近くに座った者同士、とりあえず名前を名乗り合うところから始めた新年会は、あっという間におしゃべりの輪が広がる場になっていきました。

「あまり聞きなれないお名前ですね。どちらの地方のお名前ですか?」

から始まり、

「楽器は何年くらいやっていますか?」とか「石オケを知ったきっかけは?」など話題は尽きず、お酒も入って、場はどんどん和んでいきました。

講師の先生方も楽しそうで、ニッコニコです。伊東先生が注文用のタブレットを片手に

「はい、ビールの人、手を挙げて〜」

と張り切っています。「こんな姿、初めて見たよね。」と目と目を見交す団員一同です。

しばらくすると、宴会運営の名プロデューサーであるマエストロから、順々に席替えの指令が出ます。下戸のマエストロは、宴会になると、席を温めるひまもなくあちこち動き回っては写真を撮りまくり、会話の輪からこぼれている団員がいないか、会話グループが固定化していないかに常に目を配り、半強制的?な席替えで会を活性化させる差配の天才です。マエストロのおかげで、お開きの頃には、なぜかほとんどの団員とお話できているから不思議です。

筆者も、新入団の皆さんを中心に大勢の方とお話させていただきました。弦楽器を始めた年齢を聞いてみると、筆者と同様に大人になってからという答えが多かったことに意外な感じがしました。また、石オケを知ったきっかけとして「ネットで調べた」という方が多く、時代の反映だなと思いました。このブログにも注目していただいていた方もあって、筆者としては嬉しい限りです。

石オケの感想を聞いてみたところ「いきなりの速さについていけない。」との声も上がっていました。最初から本番ペース、本番モードの味付けで練習を繰り返していくのがマエストロ流のやり方ではありますが、初めての方々にはかなりびっくりの体験のようです。今回の演奏曲は、石オケとしては再演のものが多いですが、新入団員の皆さんにとっては初演ということも、マエストロには頭の片隅にちょっと入れておいていただけるといいかな、と思いました。今日、譜読みもなしにいきなり本番仕様の『トリプティーク』に取り組んだ新入団員の方は目を白黒させていました。

最初はやや緊張気味だった皆さんも、お開きの頃には笑顔全開になりました。『名前を覚えようの会』は、名前だけにとどまらず、お互いの様々な情報を交換し合って、午後11時、無事に解散となりました。

思い起こしてみると、前回、団の行事として親睦会を行ったのは、第6シーズンの定期演奏会の打ち上げを実施した2019年の6月。今日は丸3年半ぶりの宴会でした。

今日を境に、コミュニケーションが取れチームワークバッチリとなった石オケ。次回から、きっと今までとは音が変わってくるに違いありませんね。

 by A.E.<Vn>